ゴールドカード(クレジットカード)の基本情報

ヘッダー

ゴールドカードとは?

    

illustration_about
  

基本スペック

ゴールドカードの基本スペックは、各クレジットカードによって異なります。しかし、共通点としては、基本的に一定以上のステータスをもった方が対象ということ。一般のクレジットカードと比較すると、安定した収入を得ているだけでは入会できません。

審査基準もまた各クレジットカードによって異なりますが、25歳以上で高い年収を得ている方が一定ラインに。また、ステータスだけでなく、過去に遅延をはじめとした不正をしていないか、信用情報にキズがないかなども重要なポイントになります。いずれにしても、ゴールドカードは持つ方が限定されるクレジットカード。

一般のクレジットカードと比較しても、かんたんに契約することができないタイプという認識をもつべきでしょう。その点、利用限度額が高めの設定になっている他、各種優待サービスや特典などが充実。つまり、ゴールドカードは通常のクレジットカードと比較した場合、ワンランク上のカードになります。

  

持つ意味とは?

同カードを持つ意味は大きく分けると2点。ひとつは自身のステータスを証明するアイテムのひとつになること。もうひとつは一般のクレジットカードでは得ることができない、豪華な特典や優待サービスを受けられることです。

特典内容はもはやVIPと表現するにふさわしいため、カードを持つだけで多くのメリットを得ることが可能。年会費は高額になるものの、それ以上の恩恵が得られるケースがほとんどなので、持っていて損のないカードといえるでしょう。

むしろ、同カードを持つことで自慢できるだけでなく、第三者からすればステータスが高い人物として認識されること間違いなし。よって、ゴールドカードを持つ意味は計り知れないほどあります。

  

上手に活用するためのポイント

同カードを上手に活用するためのポイントとしては、ラインナップされている特典内容が自身にとってメリットがあるかどうか。これはもはや説明するまでもありませんが、利用者にとってメリットがなければ契約する意味がありません。

その場合、高い年会費を払うだけになってしまい、ステータスを証明するだけのクレジットカードとなることでしょう。カードは自分にメリットがあるからこそ持つべきアイテムなので、まずは特典内容が自身の希望するメリットと合致するのかをチェックすることをおすすめします。

そこでカードの数々を比較することが大切。けっしてゴールドカードはひとつではないので、さまざまなタイプを比較しながら、自分に最適なカードを見つけ出しましょう。