ゴールドカードを年会費で比較

ヘッダー

年会費からゴールドクレジットカードを比較

    

illustration_annualfee
  

年会費はさまざま

ゴールドカードの年会費はピンキリ。無料で利用できるカードもあれば、業界水準ともいえる10,800円が発生するカード、さらにそれ以上の会費がかかるカードまでさまざま。誰でもできるなら無料で入会したいところですが、同カードは一般カードと比較するとランクが高いため、なかなか難しいところです。

しかし、先述したように同カードの平均会費は10,800円。けっして無理して支払うような価格設定ではないので、計画的に利用すればとくに問題はないと思います。さらにワンランク上のプラチナカードともなると、より高額な設定になるので無難に維持できるクレジットカードという見方も。

同カード選びのポイントとしては、会費以上のメリットが得られるクレジットカードを選ぶことです。そうすることで、実質無料ライクといった使い方ができるでしょう。

  

特典も充実したカードを選ぼう

お得に同カードを利用するためには、特典が充実したものを選ぶことが大切。会費以上の恩恵が得られるクレジットカードなら、利用していて不満を感じることはありませんし、むしろ便利に利用できるはず。

あなたにとってメリットが詰まったクレジットカードをはじめ、条件を満たすと会費が割引なる特典をもったカードを選ぶことで、お得に利用することができるでしょう。そこで、お得かつ特典が詰まったカードを比較し、厳選してみました。

何がなんでもお得なカードを所有したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

  

お得かつ特典充実のカードを厳選

・「三井住友VISAゴールドカード」
なんと初年度は無料。翌年度から10,800円が発生し、ポイントUPモールを利用することで最高20倍のポイントが貯まる特典も。さらに電子マネー「iD」一体型カードとなっているため、スピーディーなショッピングを楽しむことが可能。同クラスのクレジットカードにおいては、ダントツのコスパをもっているといった印象です。

・「JCBゴールド」
同じく初年度無料。翌年度から10,800円がかかりますが、「Oki Doki ランド」を経由することでポイントが最大20倍貯まる特典が付加。さらに条件を満たすと、JCBゴールド ザ・プレミア(各種優待サービス)が利用可能になり、空港ラウンジ、ホテルなどの優待を受けられます。また、付帯保険も充実しているので、お得だけじゃないクレジットカードといえるでしょう。

・「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」
会費は10,800円かかりますが、ポイントに有効期限がないため、余計なことを気にせず貯めることが可能。さらにJALおよびANAのマイレージサービスをはじめ、海外・国内旅行の保障が最高5,000万円。安全かつお得に利用できるクレジットカードの鑑というべき存在です。