ゴールドと一般クレジットカードの違いとは?

ヘッダー

一般カードとゴールドクレジットカードの違い

    

illustration_difference
  

両カードの違いを比較

両カードを比較すると、いくつかの違いが見当たります。そのひとつとして挙げられるのが、クレジットカード自体のクオリティ。当然ながら、両者のスペックには差があり、一般カードでは敵わない部分がいくつかあります。

続いては利用限度額の違い。ゴールドになると限度額が高めに設定されているため、より多くのショッピング、およびキャッシングが可能になります。また、各種優待サービスや特典の数にも差が。その他にも付帯保険の数や充実度が違うといった部分も。

いずれにしても、一般カードでは太刀打ちできないクオリティを持っているのがゴールドカードです。各クレジットカードによって内容は異なりますが、両カードを比較するとその差は歴然といった印象。しかし、なかには大差のないクレジットカードもあるので、注意が必要です。

  

ゴールドのメリット&デメリット

では、一般カードと比較した場合、どのようなメリット・デメリットがあるのかをみていきましょう。

・メリット一覧
1:利用限度額が高いので、限度額を気にすることなく利用できる
2:特典・優待サービスが充実しているので、多くの恩恵が得られる
3:付帯保険が充実しているので、安全に利用できる
4:ハイスペックなので、ステータスカードとして自慢できる

・デメリット一覧
1:年会費が高くなるため、カード維持が厳しくなる可能性も
2:カードによってはメリットが得られないこともある
3:審査基準が厳しいため、一定以上のステータスが必要になる
4:年会費以上の恩恵を得られるかは利用者次第・・・

このようにメリット・デメリットがそれぞれあるので、以上を理解した上で利用できる方でないと、一般カードを使用したほうがお得かつメリットを感じることも。だからこそ、クレジットカード選びは自身が希望するメリットを詰め込んだものを選定することが大切です。

  

両カードをおすすめできる人

それでは、両カードをおすすめできる人についてまとめたいと思います。

・一般カードがおすすめな人
1:年会費が無料または低いクレジットカードを希望したい
2:ごく一般的なクレジット機能が利用できればいい(特典などにこだわらない)
3:契約のしやすさを重視したい
4:手軽にクレジットカードを持ちたい

・ゴールドカードがおすすめな人
1:とにかくステータスを重視したい
2:ハイスペックなクレジットカードを利用したい
3:利用限度額を気にすることなく利用したい
4:特典および優待サービスを存分に受けたい

以上から、充実した内容をもったクレジットカードを求めるならゴールド、ごく普通にクレジットカードを利用したいなら一般カードがベストといえるでしょう。